ポケモンレート対戦のあれこれ。

ポケモン レート対戦のことについて色々と。

ポケモンオフ会について。

同じ趣味を持った人間と話すのは楽しい、しかもポケモンは思考を繰り返すゲームなので、ポケ勢と会った時は話尽きることなく永遠楽しい。

 

ポケモンオフ会童貞に読んで貰いたいなと思って書きます。

 

僕は過去何度か『オフ会』というものに参加しています。真皇杯の様な対戦オフや少人数で飯を食べにいく様なオフ会、それぞれあります。が、僕はまだまだオフ会初心者です🔰 しばえんさんという、日本のポケモンオフ会は全て参加するといった様な化け物もいます。

 

 

 

オフ会に行くにはまず、Twitter上や大学のサークル等でしっかりと信頼のできる仲の良い人間を作るという下準備が必要だと思います。

1人でいきなり乗り込んでも楽しめるかは分からないし、かなり不安ですよね? 知り合いが1人いるとそこから倍々に知り合いが増えていきますし、安心です(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

僕の場合はNACKという砂の王が同じ大学の友達で、色々助けてくれたのが大きかった、マジ感謝!💕

 

オフ会の要項などはオフ会を定期的に主催している方のTwitterアカウントをフォローすることで知ることができると思います!

 

以下は対戦オフと少人数オフそれぞれについて

 

 

対戦オフ会

主催者さんがルール等、様々趣向を凝らして下さっています。スイスドロー形式であったり、ブロック分けの予選からの決勝トーナメントにいく形式であったり。

で、大事なことですがレート2000や2100以上の人ばかりが参加している訳ではありません。色んなレート帯の方がいます(^ν^) あんまり上手くないから〜とかは心配無かったです!

 

多くの対戦オフでは人数は大体100人前後だと思います。

でかいテーブルがあって、そこにブロック分けされた同じブロックの人達10人ぐらいが集まって、その10人でそれぞれ総当たりで対戦こなして、2人ぐらい決勝トーナメントに進む人を決めます。

僕の場合は、試合をする際や昼休憩時などは和気藹々と皆さんと話をしました。一番楽しいのは感想戦ですね!(//∇//)

空き時間に、その対戦オフの会場にいるTwitterのFFの方に挨拶をしに行くのも楽しいです。

 

2次会で対戦オフ会場にいた仲の良い、仲良くなった人と焼肉食べに行ってポケモンの調整や構築の話したりもします。

 

 

少人数オフ

Twitter上でやり取りをしている間に仲の良い人間ができて、それが4人、5人と増えていき。所謂、界隈 というものになったりします。そういった信頼できる人間数人と飯を食いにいってポケモンの話をします。

やることは様々だと思います。

海にシロデスナ作りに行ったり、カラオケにめざせポケモンマスター歌いに行ったり。誰かを川に投げに行ったり。梅田駅でモンスターボール投げたり。

f:id:okido117117:20170811154221p:image

楽しいです。最終的には焼肉屋でのポケモンの調整や構築の話に落ち着きます。

 

 

まとめ

対戦オフ会、少人数オフ会。共に共通することですが、レートモチベ、ポケモンモチベに繋がります。一緒にゲームをやってくれる人間がいるのは良いっスね。

しかし、ネットを介しての繋がりや初対面の関係にはなるのである一定のアレは必要😎

 

 

ポケモンオフ会は楽しいっす! ハマる。