ポケモンレート対戦のあれこれ。

ポケモン レート対戦のことについて色々と。

ポケモンレート対戦の楽しさ。

f:id:okido117117:20170518010505j:image

ポケモンレート対戦の醍醐味

ポケモンレート対戦は約2ヶ月毎に区切られている各『シーズン毎に全てのプレイヤーが一律にレート《1500》からスタートし、

2ヶ月の間、目まぐるしく変わっていく対戦環境を研究し、自分の育てたポケモン達で自分だけパーティを作って、戦って、自分の立てた目標達成を目指す。

 

・目標は何でもいい!!

高いレートを追い求めるのが全てではない

『〇〇を使って勝ちたい』
『〇〇を使ってレート2000を達成したい』
『1位を目指す』『1000位以内を目指す』
『レート1800を目指す』

『レート2000を目指す』など

自分の立てた目標

自分で考え、育てたポケモン達と達成する。

『目標を立て、それを達成する喜びを感じる』

『目標達成までの道中の思考を楽しむ』

のが醍醐味だ。

f:id:okido117117:20170522104016j:image

 

 

自分で考え、育てて作るパーティの組み合わせは数多くのポケモンがいる為、無限にあると言っていい。

例え同じ6体であっても、それぞれ

性格、技、特性、努力値振り、持ち物に違いがあって、パーティのパターンは無限大だ。

そして、パーティが完成したら……↓↓↓

 

シングルバトルルールだけで

プレイヤー人口約20万人。

ダブルバトルなんかを含めると、

その総人口は30万人を軽く超える。

1つのデカイ市並みの数だ

東京ドームや埼スタが5個埋まる。

 

これだけの数の対戦相手と、無数のパターンがある各々のパーティ同士多くの戦い方、無数の勝ち筋(勝ち方)がある対戦ができる。

 

しかも皆んなが最高レート更新に向けて、勝ちに向けて本気だ。自分の目標最高レートが近づいて来た時のドキドキとヒリヒリ感、高揚感は例えようがないほど面白い。

 

 

⑵知識の共有、繋がり

パーティを作るのに悩んだり立ち回り方に困ったりしたら、自分が使いたいと思っているポケモンが入っている

構築記事 (個人が書いているパーティ紹介)を探して読めば参考になる。

使いたいと思っているポケモンを使っている生放送実況動画を見るのも一つの方法だ 

TwitterでDMやリプを活用するのも良い。

 

そして、これが一番大事なことだが自分の目標を達成し終えたら、(まだその構築を使うならデメリットか大きいので)↓

レートの高さなど全く気にせず構築記事書いてほしい!!(๑>◡<๑)

その構築記事を必要とし、参考にし、糧とする人が絶対に存在する。しかも、自分の考えたパーティを他の人に見てもらえるという楽しみも味わえる。完璧だ。win&win!!

時間があるなら動画投稿や配信もどんどんやってほしい!!

 

知識の共有、蓄積がなされて色んなパーティや色んな型のポケモンが考え出されていけば更にポケモンが面白くなる。

(6世代の耐久アローや耐久ボルトなんかはその産物であろう!)

 

 

 ⑶考察の楽しさ

好きなポケモンで勝つのも、勝ちを目指すのも楽しいが。やはり、多くの人達と一緒に『あーだ、こーだ』とパーティや型、ポケモン達の調整考察をするのが一番楽しい。新しい型や構築が生まれ、それで勝ったり負けたりするこれ以上に楽しいことはない。

 

30万の人間がそれぞれ、授業中、仕事中、電車内で毎日、毎秒考察をし続けても一向に結論が出ない世界が広がっている。

そして、結論が出始めたとしても、定期的に『新しい技や特性』『メガ進化』『Z技』

とまた、考察をする材料が増え、恒久的に思考できる世界が広がっていく。

もっと多くの人にポケモンレート対戦の楽しさを知って欲しい今日この頃である(๑>◡<๑)

 f:id:okido117117:20170518013852j:image

 

 

私は初代赤緑のニドラン狩りで努力値を振る時代からbw2、6世代、7世代までずっとポケモンを楽しんできた。🌱

ポケモンから色んなことを学んだ。

『考えることの楽しさ』

『目標を達成することの喜び』

友達づくりや、多くの人のコミュニケーションツール として大活躍してくれた。

 

 

本来のポケモンの楽しみ方

ポケモンが好きなもの同士』

が、ポケモンのことを『あーだ、こーだ』と楽しく考え、

【目標までの過程を楽しむもの】

だと私は思う。

 

 

 f:id:okido117117:20170522110221g:image

ポケモンというゲームはその性格上、

他の人との知識の共有を必要とする。

これが大きな面白みを作り出す。

しかし、その際に何かしらを否定、批判するような今のポケモン界の雰囲気が新規の生まれ辛さ、新規生放送主の生まれ辛さ、急速な人口減少、居心地の悪さ、の一助となっているのを感じる。

 

目標設定楽しみ方は人それぞれ自由なのだから、多様性を認める必要があるし、何かをバカにするのはおかしい。 

否定、批判されるのが怖く何かを発言するのに相当の体力が必要になるし、皆んなで楽しく考察し辛くなる。

もっと楽に発言が出来るようになるべきだ。

 

 

 

物事万事は長年やり続け、追い続けてやっと始めて面白さが見えてくる。


しかし、
世の中には、興味深いものが多すぎる。
学問、スポーツ、芸術、音楽、ゲーム、漫画、映画、アニメ、食べ物、衣服。

(pt構築の対面構築、サイクル、展開構築、受けループって感じの多様性に似ている)


全てを楽しみ尽くすには一回の人生はあまりに短かすぎる。

だから人は数ある中からいくつかを選択し、それを一生の糧として生涯をおえる。

物事の面白みが見える迄には多くの時間を必要とする。

しかし、

それぞれ専門家がそのコンテンツの面白みを他者に伝えることで、かかる時間を軽減できる。と私は思っている。

 

 

ポケモンは毎世代、毎シーズンどんどん新規が生まれる。レートをやらないだけで知識のある予備軍何百万人といるだろう。

 

そういう人達が、レートをやってみよう。やって見たい。ポケモン面白いやんけ!居心地いいなぁー!と思える環境を知識があり、情報発信能力がある古参プレイヤー作らないといけないはずだ。

 

これができれば自分たちの居場所の心地良さにも繋がる。

 

 

私は、知識を共有しながら、楽しく色々考察して、これからもずっと楽しく、お爺さんになってもポケモンをやりたいと思っています!

 

終わり。