ポケモンレート対戦のあれこれ。

ポケモン レート対戦のことについて色々と。

構築【シーズン2】最高-2191-

初めましてになると思います(^^)/

s.オーキドといいます。XY時代に特にTN思いつかなくて安易につけたTNですが気に入っていろんなところで使っています。

 

僕はサイクル志向のスタンパこそ王道であり、サイクルを回して相手を削り、最後にエースで抜いて勝利する。

これこそがポケモン対戦だと勝手に決めつけている糞脳なので積みサイクルや対面パは扱いづらく、いつもサイクル志向のPTになります。(数値に頼り、下手なだけ)|д゚)

 

早速、パーティーはこちら!! 

f:id:okido117117:20170318122347j:image

色彩に富んでいてイイですね(^_-)-☆

 

成績はこんな感じ↓勝率はまあまあかなといったところ。2200乗りたかった…

f:id:okido117117:20170319212916p:image

 

 構築について個々の採用理由について書いていくと長くなるので省きます。

 それでは個別解説始めます!(^^)!

 

f:id:okido117117:20170318123834p:image

ギャラドス@メガ石 陽気

(滝登り、かみ砕く、身代わり、龍舞)

実値191-156-100-×ー121-146

メガ後フィールド下のコケコの10万耐え、メガ前にミミッキュの妖Z&影うち耐えぐらいまでHに割いて、S252振りあまりAです。

Aもここまで振るとメガ1舞でH141ミミッキュぐらいまではいい乱数で落ちます

 

身代わり採用で起点にできるポケモンが増え、受けルにも強く出られました。

ミミッキュで止まらない積んで抜いていくポケモンはつよいですね。

しかし、いかんせん火力不足です、1舞前提のポケモンだから仕方ないか…

(身代わり、かみ砕く)を(地震、氷の牙)に変えて範囲広く取ってもいいかもしれませんが、実際滝登りしか打ちませんでした。

 

 f:id:okido117117:20170318123844p:image

バシャーモ@岩Z 意地

(フレドラ、とび膝、エッジ、守る)

実値155-189-90-×ー91-132

単純なASぶっぱです。1加速で128族抜きですが陽気にするメリットは感じられません。

岩Zが珍しく、地雷枠?かもしれません。

威嚇込みでもH振りギャラを確1、無振りメガマンダ確1、H振りオニシズクモ確1、無振りバシャ高乱等

サンダー、リザ、カイリュー、上記4体等でバシャを見ているパーティにeasyWINを決められました。また、命中安定で岩技打てるのもGOOD!

 

f:id:okido117117:20170318123857p:image

ランドロス@チョッキ 意地

地震、岩封じ、蜻蛉、地割れ)

実値195-188-111-112-124-115

http://borutonogudora.doorblog.jp/archives/50595996.htmlタブンネさんのやつ丸パクリ

Aは地震でB4振りガブ確2までふってます、これで十分すぎる火力。

耐久はフィールド下のテテフのサイキネ2耐え、Cにあまり割いてないボルトやバシャのめざ氷2耐え、臆病リザYの晴れ放射2耐え、威嚇込みでA特化ガブの逆鱗2耐え、威嚇込みでメガクチのじゃれ+不意耐え等々まで振ってます。

圧倒的な耐久と引き換えにSを失いました、岩封で最速103族抜きですね。

準早70族抜きまでSに割いて、パル、ガッサの襷をつぶしながら蜻蛉できるようにしてもいいかもしれません。

 

基本初手で出て行って、ウンタンしてもらいました。

技についてですが、僕は今の環境で叩きを採用する理由はないと思う、まだ馬鹿力、大爆発のほうがいいと思いますね。

メガバナ、カバルドン対面や受けルには口半開きで地割れ打ってました、メガヤドランの熱湯2耐え、バナの図太いギガドレ4耐えします。試行回数稼いでるので許して…

ランドの種族値大好きだあああ!!!(^◇^)

 

 f:id:okido117117:20170318123903p:image

ボルトロス@襷 臆病

(10万、めざ氷、ヘドゥェ、サイキネ)

実値154-×ー90-197-101-168

単純なCSぶっぱ、技構成も小学生みたい。

こいつはパーティーの痒い所を掻いてもらうため採用したポケモン

 

レヒレ、バナ、リザY、カグヤあたりを役割対象としながら、積まれたり加速されたりしたマンダ、ギャラやバシャを止めに行ってもらったりしました。

 

f:id:okido117117:20170318123927p:image

ギルガルド@残飯 控え目

(影球、毒、身代わり、キンシ)

実値167-×-171-100ー172-90

H252振り、A特化霊ランドの地震とか耐えます、これだけで十分。

CはH252メガゲン確1、H252メガクチ確2、無振りガブ確2ぐらいまで振ってます。

Sはこんだけ振れば抜きたい奴は抜けてます、耐久ポリ2でこんなにS割かないでしょう。臆病にする理由はないと思う。

Aはできるだけ0を粘りましょう、イカサマで身代わりが壊れるかどうか変わってきます。忘れちゃいけないDL対策にB4、D12振り。

 

テテフを安定して刈ってもらい、耐久ポケをハメ殺してもらう枠。

 

択ゲー製造機なので択が強いと最強のポケモン

バシャも身代わり貼れてたら身代わり3回のフレドラ反動+影玉でサヨナラできます。 テテフはガルドの影玉耐えまで振っているのが多いので引かれることも考えて毒が安定かも😱何度か挑発打たれたりしましたが…

 

 f:id:okido117117:20170318123932p:image

ポリゴン2@輝石 図太い

(イカサマ、冷ビ、毒、自己再生)

実値191-×ー156-126-115-82

特性…トレース

役割としてギャラ、ランド、マンダ、カイリュー等に後出しが多かったので威嚇まきながら後出しできるトレースを採用。

ほぼHBぶっぱ。

イカサマのおかげでリザX、ハッサムにも起点にならず、剣舞1積みのミミッキュが超高乱数だったりします。マンダ、ギャラ、グロス、ガル、ガブ、カイリュー等に対してもしっかり役割遂行可能。

皮被ったミミッキュを後出しから処理可能な稀有なポケモン

低火力相手なら毒はいて再生連打で勝ち勝ち山プロジェクト!

無敵の鉄壁要塞電脳騎士POLIGON2!!

 

 

 

・パーティの難点

カプレヒレ、スイクンの処理ルートがあまりに貧相で、レヒレ入りのパーティにはボルトの選出を半強制され、立ち回りもシビアになります。

ボルトを出さない場合はランドがドロポン2回耐えたりするので、3体で協力し過労死させます。

バシャを両刀、草Zにしてみたらいいかな? 

 

 

 

以上です!!!!
疲れたああああ!!!記事ってこんなに書くの辛いんだ…

 

現環境のイメージ

最近、あるイメージを痛烈に抱くようになりました。

 

シーズン1からシーズン5までの期間をかけて行われていた【崩し←→詰ませ】の二項対立の考察、研究が終盤を迎えたのかなと。ここで言う崩しと詰ませは以下で説明します。

 

Z技、範囲のあるポケモンによる『崩し』 

ドヒドイデテッカグヤグライオンポリゴン2、カプレヒレ、ナットレイカバルドン等による『詰ませ』 

 

崩し←→詰ませの二項対立です。

これは7世代になって登場したZ技とドヒド、カグヤ、レヒレという新要素によって6世代よりより顕著になったのかな〜と。

ドヒドイデテッカグヤ、カプレヒレの登場でpt6体をかけずに2.3匹だけで強力な受けの並び、詰ませ性能を生み出すことができるようになった。

所謂『オタクサイクル』

これを上手く、強引に崩すのがZ技の主な役割だと思います。

 

ドヒドイデテッカグヤグライオンポリゴン2、カプレヒレ、ナットレイカバルドン

といったような非常に詰ませ性能が高いポケモン達は相手の選出を強制・誘導します。(突破できるポケを出させる)→そいつを処理できれば詰ませることができて勝ちです。

Z技持ち等の崩しポケはそれらを上手く処理し、並びを強引に崩す。それが成功すれば勝ちです。

 

 

今はレート上位の多くの人の構築が

・メガ枠

ドヒドイデ等の受け(オタクポケモン)×2体

・崩しを行うポケモン。主にZ?

・崩しを行うポケモンを殺すポケ

のような感じになっているように思えます。f:id:okido117117:20170828064212p:image

 

シーズン1からシーズン5までは新しい崩しを発見→対策のイタチごっこだったと思います。

ギャラ、ランド、カイリューの飛行Zやバシャの草Zがそれでしょうか? しかし、研究・考察がかなり進んで新しい崩しの発見が無くなってきて、崩す側が難しくなり。より一層オタクサイクルがイキイキしているのかなと。

 

各シーズンそれぞれ、面白くて新しい『並びの崩し』を発見した人が結果を出しているように見えました。 これからどんな新しいものが出るのか楽しみです。

 

【まとめ】

20万という莫大な数の人間が毎秒ポケモンの考察をして、それによりレート環境が変化し、最善の構築を追い求めていっています。

4.5.6世代でもそうであったように、そろそろ『結論パ』的な物が出来上がってもいい時期かもしれません。

7世代ではオタクサイクルがそれにあたるのでしょうか?が、まだその気配ぐらいしか見えないのはそれだけポケモンSMの環境がバランスの良い物だということかもしれません。

ゲームフリークの森本もたまには頑張るもんですな!笑

 

広告を非表示にする

ドサイドン育成論・調整@サン・ムーン(SM)

f:id:okido117117:20170825194224j:image

 ポケモンサン・ムーン(SM)環境でのドサイドンの育成論・調整の記事を探し回ったが、見当たらなかったので自分で考えることにする。

 

今の環境は岩タイプ・岩技が非常に刺さりやすいと感じていて、あれ?ドサイドン先生、環境にぶっ刺さりじゃね?となったのが事の始まり。

 

【拘り鉢巻型】【半分回復木の実型】

【弱点保険型】の3つの型の調整を考察した。

調整だけ見たい方は下の方に一気に飛んでください。

 

話を少しずらす。ドサイドンは各所で『先生』と呼ばれる。理由は、ポケットモンスターエメラルドのバトルタワーで「せんせいのつめ」持ち、つのドリルサイドンがBP狩りに来た多くのトレーナーを泣かせたことで「先生」という敬称が付いたからである。先生!!👨‍🏫

 

本題に戻す。

 

 種族値 H115 A140 B130 C55 D55 S40…カッケェ…

ドサイ先生は見た目、タイプからは全く想像できない程器用な方であらせられるのでKP上位の

ミミッキュバシャーモボーマンダ

リザードン、コケコ、ギルガルドナットレイ

ガブリアスマンムーメタグロスハッサム

バンギラスウルガモスルカリオ

ドリュウズヒートロトムウツロイド

カイリュードヒドイデグライオン

カミツルギ、サンダー、ハッサム

パルシェンベトベトンキャタピー

この辺りに対して、持ち物や技次第で対面から勝てる。又は役割が持てる。

有利対面から相手の裏に圧力をかけていく動きが多くなるドサイ先生にとって、上記の様に有利対面な相手が多いSM環境は良い感じ。

 

 

特性

ハードロック一択。

ドサイ先生がドサイ先生たる所以。この特性のが様々な攻撃を確3にしてくれる。最高にロック

 

持ち物の考察

①チョッキ 

6世代の頃はこれが主流であったが、Z技の登場、環境にいる特殊がアシレ、レヒレ、ゲッコ、ミトムという水タイプが主であることからチョッキでのD補助では足りなく、難しい。

②弱点保険

耐久に厚く振り、返しの攻撃での突破を狙うことになる。また、ロックカットを採用することによって、かなりの抜き性能を得ることができる。 

③鉢巻

所謂、野菜ドン。凄まじい火力が手に入る。有利対面から相手に圧力をかけていく形になる。ミミッキュの皮を破りながらの突破という芸当もできるようになる。確1範囲も広がるだろう。

④達人の帯

広い技範囲がある為、かなり有効。少し足りない火力を補ってくれ、A努力値を削り、耐久に割くことを許してくれる。

⑤Z石

岩技を命中安定にしてくれ、剣舞からの強引な突破も可能にしてくれる。また、ロックカットを採用することでそれなりの抜き性能が手に入る。

 ⑥HP半分回復木の実

確定数を大きくずらしてくれる。

 

技考察

・ロックブラスト…ミミッキュマルスケ、襷

ストーンエッジ…安定する岩技?

がんせきほう…浪漫砲。

・じしん…絶対に必要。

・ばかぢから…範囲が被る。必要無い。

・ほのおのパンチ…ハッサム、ナットが役割対象に

・れいとうパンチ…マンダ、ガブに打ちたい

・つのドリル…役割を破壊する!

つるぎのまい…Z技絡めて強引な突破!

・ロックカット…弱点保険絡めて全抜き!

ステルスロック…ドサイでやることかなぁ?

流石、先生…他にも……

ドラゴンダイブ、アクアテール、メガホーン

どくづき、アイアンテールアイアンヘッド

ロケットずつき、カウンター、メタルバースト

 

 【技に関しての結論

自分は以下の結論に至った。

①ロックブラスト

②じしん

③ほのおのパンチ

④れいとうパンチ

岩技を打ちたいポケモンに対してはロクブラで火力は事足り、ミミッキュ等を考慮してもロクブラに軍配があがるので、ロクブラ>エッジ>がんせきほう

受けに出て来る炎4倍勢が役割対象になる為、ほのおのパンチ採用。

ガブ、マンダに対しての遂行の為にれいとうパンチを採用。

 

 

調整案①

腕白 H132 A132 B244 @鉢巻

最低ラインのB耐久を確保しつつ、Aに振って鉢巻を持たせることで確1範囲を広くした。

意地っ張りにしても確定数がずれるものは少なく、メリットは少ないと判断した。

リザXの逆鱗2耐え、グロスのアイへ2耐え、メガマンダの1舞地震(特化ランドの地震)2耐え。

圧倒的物理耐久!

 
被ダメ(弱点技は全てハードロック込み)
・特化メガマンダの+地震
割合: 29.4%~35.2%
・特化メガバシャのフレドラ+膝
割合: 18.8%~22.7%+61.3%~73.9%
・陽気A252メガグロスのアイへ
割合: 42%〜50.7%
・A特化メガリザXの逆鱗
割合: 42.5%~50.7% 
・A特化マリルリの滝登り
割合: 73.9%~88.4%
・A特化ドリュウズ地震
割合: 42%~50.7% 
・A特化ランドロス地震(=A特化マンダの舞地震
割合: 43.9%~52.6% 回数: 乱数2発 (27%
・A特化ミミッキュのじゃれつく
割合: 20.2%〜23.6%→剣舞妖Z割合: 74.3%〜88.4%
・A特化パルシェンのつらら
割合: 8.6%〜10.6% からやぶ後もOk
・A特化ギルガルドの舞アイヘ
割合: 73.9%~86.9% 
・C252メガゲンの気合い玉
割合: 97.1%~114.4% 
・C252コケコのマジシャ
割合: 42.5%〜50.7%
 
与ダメ ※鉢巻込みのダメージ
地震
H252メガクチート
割合:  131.2%~156.6%
H252メガリザX
割合: 124.3%~147%
H252メガハッサム
割合: 52.5%~62.7%
H実値167メガメタグロス
割合: 105.3%〜125.7%
H252ギルガルド
割合: 105.3%〜125.7%
B特化レヒレ
割合: 46.3%〜54.8%
B特化ドヒドイデ
割合: 85.3%〜103.1%
 
ロクブラ (1発あたりのダメ)
無振りミミッキュ 
割合: 30%〜35.3%
H252パルシェン
割合: 24.2%〜30.5%
H252㋪ロトム
割合: 38.2%〜45.8%
 
冷凍パンチ
H252カイリュー
割合: 88.8%~105%
H4威嚇込みランドロス
割合: 111.5%~133.3%
H252メガマン
割合:100.9%~118.8%
 

 

調整案②

腕白  H244  A12  B252  @HP半分回復木の実
Aに割いたところであまり確定数が変わらなかったので、マンダ、リザ、ミミッキュ等に厚く役割を持つ為にかなりの耐久を確保した。
結果的に役割範囲も広がった。A無振りでもA実値160ある為十分だった。

HP半分回復木の実(マゴの実等)』を採用することでメガグロスのアイへ、リザXの逆鱗を3回耐え、ミミッキュの剣舞妖Z+じゃれ×2耐え等をすることができる。

圧倒的物理耐久!
 
 被ダメ
・A特化メガボーマンダ-地震 
割合: 27.6%〜33% 1舞後→割合: 42%〜49.3%  
・A特化リザードンX-逆鱗  
割合: 39.8%〜47.5%
・陽気A252メガメタグロス-アイへ 
割合: 39.3%〜47.5%
・陽気A252メガルカリオ-インファ 
割合: 61%〜73.3%
・陽気A252ガブ-地震 
割合: 35.2%〜42.5%
・A特化ミミッキュ
じゃれつく 割合: 18%〜21.7%→剣舞妖Z割合: 69.6%〜82.8%
・A特化パルシェン-つらら 
割合: 31.2%〜37
・無振りナットレイ-ウイップ 
割合: 54.2%〜65.1% 
・無振りドヒドイデ-熱湯  
割合: 62.4%〜74.6%
・臆病C252コケコ
マジカルシャイン 割合: 42%〜50.2%
めざ氷 割合: 31.6%〜38%
 
与ダメ
地震
無振りリザX   割合: 91.5%〜109.8%
無振りメガバシャ 割合: 120%〜140.6%
無振りメガグロス 割合: 69.6%〜82.5%
無振りミミッキュ 割合: 71.5%〜83.8%
H252ベトベトン 割合: 91.5%〜108.4%
 
ロクブラ…1発あたりのダメ
H252㋪ロトム 割合: 24.2%〜30.5%
無振りミミッキュ 割合: 18.4%〜21.5%
無振りガモス 割合: 67.5%〜82.5%
H141パル  割合: 17%〜21.2%
 
冷凍パンチ
H191メガマンダ 割合: 64.9%〜77.4%
B4ガブリアス 割合: 87.4%〜104.9%
 
炎のパンチ
B特化ナット 割合: 50.8%〜61.8%
 


調整案③ 
剣舞、ロックカット岩Zの奴をまた更新します。
 

 

【まとめ】

環境トップの連中に対して非常に強く出られる。が、レヒレやアシレ等の水特殊に対して解答を用意しておく必要がある。

・サイクルに参加しての負荷かけ。

・物理に対しての強引な受け出し。

・トリル、舞からの抜き。

かなり器用に立ち回ってくれる頼れる先生だ👨‍🏫

 

 

 

最近の自分の選出のやり方。

最近の自分の脳内メモ〜📝

 

相手の選出3匹を予想して、その3匹の選出で来ると考えてこっちの選出考えてる。

 

相手の選出を予想できてればめちゃ楽になるし。裏の予想が立てばHPを管理する場面と切る場面の判断もしやすくなる。

 

選出画面の段階で3ターン目ぐらいまではなんとなく想像つくようにできる。

 

 

【選出強制】

自分のツイキャスの録画見て、壊れたロボットみたいに『選出強制』って言ってる事に気付いた。主に2パターン。

 

①.ドヒドイデ等の積ませ性能の高いポケモンがいる場合。

ドヒドイデを突破できる駒は限られていると思う。(テテフ、コケコ、レボルト、ランド)とかこの変かな?

こっちのptにドヒドイデを見た時、相手はドヒドイデを突破できるポケを選出せざるを得ない。

それがptに1匹しかいない場合、例えばコケコしかいない場合はコケコが絶対に出てくる。

で、コケコを出した時に困るポケモンの処理をどうするか考える。こっちのptにマンムーが見えたらマンムーの対策を立てるはず。

で、最後に。コケコ&マンムー対策のポケの2体で処理が難しいポケ対策。この3体の選出だと考える。

 

初手が見えて、そいつがドヒドイデを突破できるポケでない場合、相手の裏にはドヒドイデを突破できるポケが控えている→→初手&裏の1匹が読めるから3体目は容易に想像がつく。

 

ドヒドイデを突破してくるやつを処理できればこっちの勝ち。相手はドヒドイデに強いポケを切る動きはしないやろう。 みたいな予想の元にで立ち回ったり〜😇

 

②.バシャーモ、マンダ等のやべー突破力のあるポケモンがいる場合。

上と大体おんなじ感じ。

止めれるポケが絶対に出てくる→→そのポケが弱い部分を補う奴が出てくる。→うんたんかんたん

 

逆に自分が選出強制をされる時は気をつけないといけねぇなぁ。

 

 

【こっちが重いポケモン

相手のポケの処理ルートが1体しかない場合。

例えばこっちの6体のうち、グロスしかテテフに勝てる奴がいない場合。

相手のptにテテフを見た瞬間、こっちのグロス選出が強制される。→グロスのHP管理大事に!

逆に言えば、

相手のテテフがぶっ刺さっていることで、相手のテテフの選出が読める。んでテテフの補完が出てくる、つまりグロスに強いポケが絶対出てくる。

テテフ&グロスに強いポケが出てくるまで読めたら割と釣り出しとかで何とかなる。

 

 

 【終わり】

相手の選出を予想できて、当てれればめちゃ楽になるし。裏の予想が立てばHPを管理する場面と切る場面の判断もしやすくなる。

交代読み、釣り出しができてホクホクや☺️

 

ポイマ杯

 

f:id:okido117117:20170629075320j:image

 

【大会の流れ】
21時50分募集〆切
トーナメント表を発表(汚い手書き)
22時〜 各自対戦開始

 

【ルール】

勝った方が負けた方からポイントマックを受け取る
(ポイマが用意できない方は参加できません)

①シングルフラット

②故意のTOD禁止 

トーナメント形式

④回線が切れた場合は切れた方の負け

※回線切れを起こした人の下画面には「相手との通信に失敗しました。」相手に切断された人の下画面には「相手との通信が切断(エラー)されました。」と表示される。 

⑤勝った方が僕にリプで勝利報告

 

ツイキャスニコニコ生放送などで対戦を放送する場合、相手の許可をとって下さい。

※バトルビデオを取っておいてください。

 

【参加方法】

ツイートに『参加する』とリプ送って下さい!

 

 

広告を非表示にする

構築【シーズン3】

レートに潜る時間を確保できず、計77試合。
悲しい結果に終わってしまった。勝率は悪くなかったので少し残念だ_:(´ཀ`」 ∠):

時間が無くてレートを上げるには対戦数は足りなかったが、構築自体は悪く無かったと思っている。次期もこれで潜ってみたい感はある。



メタグロス 陽気 @メガ石
165-177-155-×-111-129
【アイへ、冷パン、雷パン、地震
耐久面
ガブの地震+鮫肌ダメを確定耐え
1舞い特化メガマンダの地震耐え
Sライン…準速メガマンダ抜き
余りをAに割いている。

素晴らしい技範囲、対面性能であった。
全ての技が命中安定かつ追加効果も狙えるため、運勝ちを多く作ってくれた。
バレパンを打ちたい場面は無かった。



アシレーヌ 控えめ @オボン
166-×-123-182-137-85
【泡沫、ムンフォ、めざ炎、滅び】
耐久面
A252振りのマンムー、ガブの地震をオボン込みで2耐え
特化メガマンダの捨て身耐え
HBに厚めに割いて余りをCに振っている。

馬車、カバへの安定した回答となってくれた。
相手側はZ技をかなり警戒するので、選出誘導としても一役かってくれた。
耐久を確保しているので、馬車対面などで安心して交代読みでナットレイにめざ炎を叩き込める。
滅びは、壁やバトン、オニゴーリへの回答。
また、馬車対面からフシギバナ引き読みで滅びを打ち、ランドにバックして地震を連打することで相手に死の択を押し付けられたりと便利だった。



ランドロス 意地っ張り @チョッキ
195-188-111-×-124-115
地震、岩封、蜻蛉、地割れ】
耐久面
フィールド下のテテフのサイキネ2耐え
図太いレヒレの水Z耐え
コケコのマジシャ4耐え
ガブの逆鱗を威嚇込み2耐え
火力面
地震でH4ガブ確2
余りをS

流石のクッション性能であった。
アシレが痛烈に呼ぶコケコに対して初手で出て行き、蜻蛉からサイクル有利を作ってもらうことが多くあった。
火力の申し分なさも流石の一言。



ボルトロス 臆病 @格Z
175-×-91-175-100-168
【10万、めざ氷、気合い玉、悪巧み】
耐久面
1舞い特化メガマンダの捨て身耐え
馬車のフレドラ耐え
C4振りクレセの冷ビ2耐え
S最速
余りをC

レヒレやカグヤ、マンダへの回答。
悪巧み気合い玉Zでロトムやカバを強引に突破したり、ナットやポリ2を吹き飛ばしてくれたのは大きかった。
受けループに対して頑張ってもらうことも多々あった。


ヒードラン 穏やか @食べ残し
193-×126-157-172-97
【放射、毒、身代わり、守る】
耐久面
ゲッコウガの悪波、コケコのフィールド無し10万程度なら身代わりが壊れない特殊耐久。
余りC
HDにしたのは現環境でのドランの役割が特殊のみであり、身代わりが技を耐える範囲を広げたかったからである。

ポリ2やクチート、ナットへの回答。
思っていた以上に固く、素晴らしいハメ性能を見せてくれた。


ポリゴン2 図太い @輝石 トレース
191-×-156-125-117-80
【冷ビ、イカサマ、毒、自己再生】
ほぼHBぶっぱ。

トレースイカサマにより、ミミッキュに後出しが効くコマ。
ゲッコウガに対しての回答。


総論
キツかったポケモン
ゲッコウガ、催眠ゲンガー、キノガッサ

ゲッコウガに対して安定するのがポリ2のみであり、ルカリオや馬車などと一緒に選出されると厳しかった。
キノガッサはまず初手で出てきたためグロスをぶつけうまく処理した。
催眠ゲンガーは…中々厳しかった。

ナットレイを強く呼んだが、アシレがめざ炎だったため苦労はしなかった。
この構築はアシレに大きく支えられた。


いつも通り全くもってSが遅いptだった。

広告を非表示にする

メガヘラクロス育成論・調整@ サンムーン(SM)

f:id:okido117117:20170515144852j:image

1番好きなポケモンであり、
金銀時代からの相棒であるヘラクロス(๑˃̵ᴗ˂̵)

カッコよくて可愛いく、ビジュアル最高。

サイクル思考の自分にとっては性能も最高。

 

交換読み行動』『有利対面ロックブラスト』

『圧倒的超火力』『強気の突っ張り』


一度、有利対面を作ってやれば相手は交換読み技に震えて引いてこれない❗️
自分より早いやつの攻撃は一発耐えてぶっ飛ばす❗️

自分より遅けりゃ上から捻り潰す❗️

圧倒的超火力と技範囲

そんなロマンが詰まったメガヘラクロス

 

⑴7世代になっての変化

⑵技の考察

⑶特性の考察

⑷調整

⑸相性の良い並び

⑹動かし方

について以下記述していく。

 

 

では。考察を始める

 

⑴6世代→7世代での

メガヘラに影響のある変化。

⓪攻撃モーションの変化

ミサイル針のモーションが凄くカッコよくなった!(๑˃̵ᴗ˂̵)インファの爽快感は無くなった…

 

①天敵の弱体化
ファイアロー
奴が環境から消えた。
交代読みや、剣舞読みでロックブラストを放つドキドキとワクワク、読みが当たったのに外した時の激昂を味わえないのは寂しいが間違い無くヘラには追い風だ。

ガルーラ。

タイプ相性を無視する怪物。

6世代でメガヘラを使っていた方なら分かるだろうが腕白にでもしないと猫捨て身で吹き飛ばされる。裏のクレセを投げて切り返そうとしても憎き201ガルーラに滅ぼされる。しかし、奴は弱くなった、今なら意地っ張りでも陽気でも対面で勝てる!!後出しもきく!

ボーマンダ

スキン弱体化はファインプレー!

圧倒的有利を取るヘラの前で奴は舞い始めクレセ、ポリ2を粉砕してきた。しかし今なら後出しが成立する。半泣きで居座りロックブラストを打たなくてよくなった。

 ・ガブリアス

 弱体化ではないのだが、ガブリアスの通りの悪さと、サイクル性能の高さからくるランドロスの採用によってガブが減った。超低乱だがミサイル針でガブは落とせるのだが、やはりヘラを使っていて鬱陶しいポケモンの一匹だったが、それが減ったのは嬉しいことだ、有利と言っても良いランドが相対的に増えたのもありがたい。

 

 

②新たな天敵の出現

カプテテフ

なかなか鬱陶しいパワーのある奴。

しかし、ヘラに対してはインファ読み以外、後出ししてこれないのでサイクル補助してやればそんなに怖くない、インファ読みで出てきたところにミサイル針をお見舞いする快感を味わえるかもしれない。

対面を作られれば相方のヒードラン君にお願いすることもできる。

ミミッキュ

インファ、ミサイル針読みなら後出ししてきて負荷をかけてくる。が、意地っ張りA252じゃれつくでもメガヘラ君は倒れないぞ!?

 返しのロックブラストで落ち…

 

 

③メガ進化時、初ターンからのS変化

7世代になり、メガ進化ターンからメガ後の素早さで動くようになった。

これによりメタグロス、ゲンガー等大きく恩恵を受けたポケモン達がいる一方でヘラクロスのように涙を流したポケモンもいる。

個人的には『相手より先にメガする、メガしない、メガさせない』というプレイングでの駆け引きが出来なくなったのは少し寂しく思っている。

例としてはメガルカリオがゲンガーより先にメガ進化しておいてアイテをぶち当てる、ガルーラがルカリオより先に進化しておく、ヘラをあえて進化させないでおく等が挙げられるであろうか。

ヘラクロスSの種族値

メガ前種族値85→メガ後種族値75

この減少により、6世代より多めにsに割いていないと、役割である【ヒートロトムウォッシュロトムスイクン、クレセ、バナ、レヒレ、カイリューハッサム】あたりに初ターンから上を取られる可能性がうまれた。これにより、Aまたは耐久を削り、Sに割かなければならなくなったのは痛い。

 

 

④環境全体の低速化

これは大きな追い風であると思う。

http://okido117117.hatenadiary.com/entry/2017/04/12/105439

↑↑この記事でも書いたが

7世代の環境では早いポケモンと遅いポケモンがはっきり分かれており、抜かれている相手には抜かれているし、それ以外の連中(抜きたい相手、役割対象)は十分抜けているのであまりSに振らない環境になっている。

また、Z技にタイプ相性で受け出すことを鑑みて耐久振りが加速してS振りがあまりされずロトムあたりの中速sメタレースも行われていない。

そのため、メガヘラのS種族値75は抜きたい相手を抜けている絶妙な速さだと思える。

 

 

⑤電磁波の弱体化 

6世代では耐久ボルトを相方に、電磁波でのS補助を行なっていたが化身ボルトの汎用性低下、電磁波弱体によりそれができなくなってしまったが上述④の理由で気にならないだろう。

電磁波が消えた理由の一つが麻痺らせてS奪う必要がないぐらい相方が遅いってのがあるぐらいだ。 

 

 

⑵技考察

ミサイル針 ⭐️

7世代においては非常に汎用性の低い技。

打つ相手がクレセ、ガッサあたりしか見当たらない。他に対しては残りの技で事足りるが、最高火力の打点として欲しい場面が幾つかある。

インファイト⭐️

地震、ミサイル針で事足りる場面が多いが、なければポリ2やナットレイテッカグヤに対しての遂行速度が変わってくる。また、これがあれば受けループを崩せるようにもなる。

ロックブラスト⭐️

6世代の頃からのヘラのメインウエポン。

リザやマンダへ交代読みで打ったり、カイリューやボルト、ハッサムに対しての遂行技になる。外さないように祈るしか無い。

タネマシンガン⭐️

レヒレ、アシレ、ミトム、カバ、マンムー等打つ相手が多くおり、あれば役割が大きく広がるため、必須だと考えている。

命中安定なのもGOOD!

地震

ほぼガルドピンポだが、ヘラをガルドで見てくるptに対して交代読みで当てられるとeasy winできる可能性が高まる。ゲンガーやコケコへの回答にもなる

フェイント  

対面性能は大幅に上がるが、テテフを呼びやすいことも考えると採用は考えづらい。     

 

※技はインファと地震の選択になりそうだ。

 

 ⑶特性

根性自信過剰 が候補だが

6世代に比べて鬼火、電磁波が飛んで来ることは少なくなった。

根性採用はあまりメリットがないので

削れた相手をメガせず倒してから次に繋げられる、自信過剰を採用する方が良いと思う。

削れた相手を、あえてメガ進化せず、自信過剰でAを1段階上げることによって一撃で倒せる幅が広がる。

例としてHBレヒレに対してのタネマシンガンや、ガルドに対しての地震ミミッキュに対しての種ガンなどが挙げられる。

A1段階上がれば殆ど全ての相手に確1が取れるようになる。H振りガブもガブもガブも皆気持ちよく一発でさよならばいばいだ。

 

 

⑷調整ライン

陽気にするメリットは対ガッサぐらいで、火力を削り陽気にするとデメリットが大きく、意地っ張りの方が利が大きいと思う。ガッサが重いならコケコと組ませれば良い。

腕白等の耐久厚振りにしても意地っ張りと確定数は変わらないためメリットは薄いと思う。

Z技に関しても確定数は変わらない。

 

6世代時の完成された配分からメガ初ターンからSが変化することを鑑みて調整を考える

 

まず、6世代の時のヘラを見てみる

6世代ではこれが最メジャーな型だった
タブンネさんのもの↓
http://borutonogudora.doorblog.jp/archives/37720669.html

意地っ張り

努力値:H156 A236 B12 D4 S100

実数値:175-192-97-×-116-118(メガ前)
実数値:175-258-137-×-126-108(メガ後) 

最低限のSライン確保

メガ進化前は準速61族抜き
メガ進化後はS4振りウォッシュロトム抜き

ヘラの役目である相手への負荷を鑑みてA極

・ミサイル針

B特化クレセリアを高乱数1

(18.5%~22%)
図太いH244B252振りヤドランを確定

(20.8%~24.8%)
B特化メガフシギバナを確定2

ガブリアス超低乱
(18%~21.3%)

・ロックブラスト

H252振りカイリューマルスケ込みで確定1(11.1%~13.1%+22.2%~26.2%) 
H4振りメガゲンガーを高乱数1

(18.3%~22%)
H4振りギャラドスを威嚇込みで超高乱数1(19.8%~24.5%)

インファイト

B特化エアームド高乱数2(48.8%~57.5%)

ラッキー対面から交代させれば落とせる。
図太いH4B252振りラッキーを確定1

(114.7%~136.1%)

種マシンガン

B特化ウォッシュロトムを高乱数1

(19.1%~22.9%)
H252振りスイクンを高乱数1

(18.3%~22.2%)

H228振りのマリルリをオボン込みで超高乱数1(24.5%~29.4%)
B特化グライオンの身代わりを4発で破壊する(7.1%~8.7%)
H4振りゲッコウガ(等倍)を超高乱数1(18.9%~22.9%)

地震

H252B44振りメガゲンガーを確定1

(110.1%~130.5%)

地震でH252ギルガルドを確定2

(68.2%~81.4%)

余りHに振って

16n−1。

カイリューのA特化、鉢巻逆鱗を耐え

メガバナのC特化、ヘド爆2耐え

クレセのC4振り、サイキネ2耐え

 

完成された素晴らしい配分であったが、メガ進化初ターンからS変化のある7世代ではもう少しSに割く必要がある。

 ↓↓

 私が考えた結果だ。

 【7世代メガヘラの調整案】

意地っ張り
努力値:H92 A252 B4 D12 S148
実数値:167-192-96-×-117-123(メガ前)
実数値:167-260-136-×-127-114 (メガ後)

f:id:okido117117:20170524050922j:image

メガ後の速さで準速61属抜きを実現できるよう

Sは148振り… 実数値(114) までS を確保。

ここまで振れば抜きたい相手を抜けるようになる。中速、低速を上からしばけるようになる。

これ以上のs振りは無駄だ、耐久に回して自分より早いやつの攻撃を耐えて返しの攻撃でぶっ飛ばせるようにするべきだ。

6世代なら初ターンは準速70属抜きで動けたのを考えると辛い。
ここまでS振りすればs60振りレヒレ、クレセあたりまでなら抜けるようになる。
ロトムもS52振りまでなら抜ける。
これ以上は不毛なSメタレースなので追いかけっこは避けたいし、今の環境のレヒレ、ロトムはこれ以上Sに割いていないであろう。割いているとしたら、準速あたりまでは振っているであろうから諦める。(^ν^)

残りの370をAと耐久に振り分ける
Aは252振り…ヘラの役割である相手への負荷を最優先に考える。
Hは92振り 合計耐久指数が一番高くなって、かつ、奇数。

Dに12 Bに4 …余り。Dに12割いたのは乱数が動くものがあったから。

  

上記6世代のダメ計から感覚把握はできるし、これ以上書くと長すぎて読む気失せるだろうからダメ計は省略。

ダメ計欲しいと言う声があればまた載せます。

 

 

 相性の良い並び、補完

まず、ざぁーっと有利・不利を書き出してみる

有利
【ギャラ、ルカリオマンムーハッサム、レヒレ、ナット、ポリ2、カイリュー、アシレ、ゲコ、ボルト、ランド、カバ、クレセ、ガッサ、バナ、ドリュ、スイクン、ブルル、ドラン、バンギ、マリルリ、サザン、フェローチェウツロイドペリッパー、サンダー、オニゴーリ、受けループ軍団】

×不利
【マンダ、リザXY、グロスクチートミミッキュ、テテフ、バシャ、ガルド、ガモス、ラティ 、アロー】

KP上位、主に環境を作っているポケモン多くに対して対面勝ちできる,又は強く出られる。

しかし、
不利を取る相手がKP最上位勢で、10回に9回は相手することになるし、不利対面をとった場合のディスアドバンテージが大きすぎる。

 

・補完を考える

ヘラが不利を取る連中

マンダ、リザXY、グロスクチートミミッキュ、テテフ、バシャ、ガルド、ガモス、ラティ 、アロー】これらに強く出られるのは

耐久に厚く振ったヒードラン

霊ランドあたりだろう

しかし、

ヒードラン、ヘラ》《ランド、ヘラ》

と並んだ場合、

マンダ、グロス、バシャ、ミミッキュが重く。

その回答として

クレセリア

スイクン

・レヒレ

・ポリ2

ミミッキュ

あたりを選択することになる。

以上から良い並びとしては、

ヘラ、クレセ、ドラン

《ヘラ、ドラン、ミミッキュ

ヘラ、ランド、スイクン

《ヘラ、ポリ2、レヒレ

あたりが挙げられるだろうか。

しかし、
クレセ、スイクン
の2体は今の環境では腐らされることが多い『弱い』ポケモンであるので綻びが出てしまう場面が多々ある。

その綻びを繕えるのは

・耐久振り化身ボルト

・とんぼ返り持ちコケコ

・耐久振りアシレーヌあたりだと考えている。

 

これ以上はptをヘラの補完ポケモンで固めるよりも、裏にもう一つの並び(裏選出)的なものを作っておいた方が良いように思える。

 

 

 ⑹動かし方
・電磁波によるS補助は上述したように、麻痺の弱体、化身ボルトの汎用性低下によってやり辛くなった。

 

トリックルームによる補助も今の低速環境では逆に利用されかねない。(アシレ等)


・蜻蛉、ボルチェンによるサイクル補助ヘラに有利対面を作ってやって、相手に負荷をかけていくような古典的なやり方が一番良いように思える。

 

 ・削れた相手を、あえてメガ進化せずに倒して、自信過剰でAを1段階上げることによって一撃で倒せる幅が広がる。 

ギルガルドやカプレヒレが例として挙げられるだろう。A1段階あげれていれば1撃で倒せない相手は存在しないと言っていい。

相手を削ってそれをうまくヘラの餌にするプレイヤースキルがあればそれが可能だ。

 

選出誘導、初手読みとしての活用
ヘラクロスに有効打のないポケモンは裏に甚大な圧力がかかるので、相手はヘラに強い奴から入ってくる』それが分かればこちらの選出はかなり有利になる。

 

 

まとめ、(๑˃̵ᴗ˂̵)

 7世代、サイクル環境のこの世代。

天敵が消え、新たな役割も生まれた。

ヘラクロスは大いに活躍できると思う。

 

閲覧ありがとうございました🌱